« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

2018年5月22日 (火)

図柄入りナンバー?

図柄入りナンバープレート。良いアイデアと思うのですが視認性は大丈夫なんでしょうか?発表された図柄の中には視認性の悪い図柄入りもあり疑問を感じます。煽り運転、ひき逃げ、マナー違反などなど、交通事情の悪化が叫ばれているのにデザインの厳正な審査に?を感じています。勿論、デザインの進化は歓迎しますが、ナンバーが見にくいようでは本末転倒です。正直言って、ナンバープレートの四隅の一カ所のみ図柄入りとして視認性をしっかりして欲しいです。ドライブレコーダーの必要性が叫ばれている昨今だからこそ、図柄の審査はしっかりチェックして頂きたいです。今日は真面目なブログになりました。

|

2018年5月20日 (日)

司会兼務お任せ下さい

19(土)秩父鉄道わくわくフェスタ2018盛り上がりました。今回も総合司会兼務。午前10時~午後3時まで連続進行。朝早くマイカーで現地入り。前日夜遅くの新幹線で進行をしっかりチェック。ステージでは最初から全開進行。スムーズな司会&ものまねライブ。5時間、東京→博多間と同じ時間を定刻進行。勿論またまた、時間のライブの時間はお客様に待たせたくないので出発時刻を前倒ししてラジオ公開番組のようにトーク連発(笑)ライブ中もアドリブ炸裂しました。私、立川真司は、総合司会兼務もお勧めします。マルチものまね芸人としてさらに頑張ります。明日は新宿です。前後ドライブレコーダー装着マイカーで行ってきます。

|

2018年5月18日 (金)

大津盛り上がる

只今帰路のぞみ。先ほど京都を出発。臨時のぞみ。ゆっくりしています。今日は滋賀県大津市内で鉄道ものまね盛り上げました。地元京都線をスタンバイ。効果ありでした(笑)最初は少し堅い雰囲気でしたがいつの間にか自分のペースへ(笑)今日は押し押し方式へ即変更。とにかくパーティーは生物です。臨機応変が一番ですね。さぁ、明日は秩父鉄道わくわくフェスタ2018総合司会&ものまねライブです。またまた熱い進行になりそうです。天気予報も雨→晴れへ。ホットしています。皆さん、ぜひ来て楽しんで下さい。熊谷駅から近い、ひろせ野鳥の森駅近く秩父鉄道会場へ。ご来場お待ちしています。

|

2018年5月15日 (火)

総合司会盛り上がる

先日、岩国市内のイベントは総合司会兼ものまねショー。最初は厳粛に主催者様紹介。その後はアトラクション実況。これまた野球実況風進行で盛り上がり。近くに広島カープキャンプ球場がありジャストタイミング(笑)→立川真司ものまねライブショー。こちらは、お昼カンカン照り&アトラクション遅延のため、ネタ時間を調整進行。ショーの後は、またまた司会に復帰。さらに進行して体力もピーク。暑い暑い暑い!でも進行遂行。トークはルール&アドリブ兼務。→抽選会も、餅撒きも笑いありの内容。厳選したBGMも効果ありでした。最後は主催者様の締の挨拶。司会兼務ものまねショー、これからもさらに頑張ります。19(土)秩父鉄道わくわくフェスタも司会兼務です。皆さん、ぜひ来て楽しんで下さい。

|

2018年5月 7日 (月)

独自路線ものまね35年

全てはライブから。ライブショーは完全アドリブ進行です。状況により、ネタ&トークを臨機応変に変更します。基本はライブが全てです。細かな台本は超苦手(笑)勿論、式典、司会などは進行ルールトークを厳守しながら進めます。それにしても時間の早いこと早いこと。時間の速さに毎日ビックリしています。今週は岩国へ。東京→新大阪のぞみ、新大阪→広島のぞみ、広島→新岩国こだま。またまた列車の旅が始まります。ネタ収集全力、自然な雰囲気でネタ収集です。目立ちすぎるネタ収集ではありません(笑)駅で見かけたら声かけて下さい。黄色衣装ではなく地味な風貌です。立川真司元セメント会社出身はマイペースで、今日も独自路線を走り続けます。

|

2018年5月 3日 (木)

ドライブレコーダー

一極集中相変わらず凄いでね。都心から郊外は渋滞渋滞渋滞。この時期はマイカーは運休で乗りません。昨日は連休の谷間で秩父方面へミニドライブ。空いていて快適ラッキーでした。今日は渋滞30、50ハンパじゃないですね!それと、ドライブレコーダー前後装着は効果ありです。昨日の秩父方面からの帰り、後方のスポーツカーはしっかり車間距離とっていました。皆さんも後方ドライブレコーダー装着をぜひお勧めします。道路交通法で煽り運転に対する罰則の適用を厳しくするよう通達があったようです。それと、芦ヶ久保から横瀬まで西武線乗車。一駅のんびり旅満喫しました※クリックすると拡大出来ます。
20180502drive_004
20180502drive_003
20180502drive_002

| | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ